Hatena::Groupmnemonic

きおく屋めがねばし

 | 

2012-09-29

「3章 型、値、変数」

Types, Values, and Variables

JavaScript types can be divided into two categories: primitive types and object types.

JavaScript's primitive types include numbers, strings of text (known as strings), and boolean truth values(known as booleans).

数値、文字列、論理値でも、null でも undefined でもない JavaScript の値がオブジェクトです。オブジェクトは、プロパティの集合体です。各プロパティは名前と値を持ち、数値や文字列などの基本型の値や、オブジェクトを保持できます。

一般的に言えば、JavaScript のオブジェクトは、名前の付けられた値を順不同にまとめたものです。

クラスは、オブジェクト型の派生型にあたるものです。

  • Functionクラス
  • Dateクラス
  • RegExpクラス
  • Errorクラス

オブジェクト指向とは、簡単に言えば、グローバルに定義された関数を使ってさまざまな型の値を処理するのではなく、その型で定義されたメソッドを使って値を処理するような考え方です。

Loosely, this means that rather than having globally defined functions to operate on values of various types, the types themselves define methods for working with values.

正確に言えば、JavaScript の場合、メソッドが持てるのはオブジェクトだけです。

Technically, it is only JavaScript objects that have methods.

JavaScript variables are untyped

トラックバック - http://mnemonic.g.hatena.ne.jp/paragramma/20120929
 |